旅人はInstagramのシャドウバン規制にかかってしまったのだの巻 解除方法と、どうやらやってはいけないこと


珍しくSNS時事ネタ。わたし同様に困っている方がいると思うので

Instagram(インスタグラム)、やってます。今年で3年目、意外や最近ですね
→ https://www.instagram.com/satsukiizumi/

投稿も細々、もちろん気分。相変わらず媚とか売らないんで、フォローすることにも消極的です。だって見たい人のだけでいいじゃないですか。自分のフォロワー増やしたいがためだけにお友だち作りまくるなんて、理解できないんですもの。でも、見て欲しい(笑)。自己顕示欲。SNSユーザーって自己顕示欲が強い人の傾向があると思います(苦笑)。お仕事でやってる方も含めて。

それはさておき、旧正月、2月16日あたりから投稿しても「いいね」の数が減りました。とはいっても、もともとそう多くはありませんが とはいえ、明らかにフォロワーのマメな方々からの「いいね」しかつかなくなったのです。同時に投稿した途端にフォローしてくる人々も消えました。なんで

これは過去に2度程度経験済みで1、2日か投稿せずに放置しておくと回復することがありました。そこで、しばしお休み……。でも、今回は待てど暮らせど戻りません。たまにテストで投稿しつつ、障害情報など地味に調べ約10日、やっとわかった、これってシャドウバン

後日談(2018年8月)はこちら↓ シャドウバン騒動その後 不可解なインスタグラムあるある


シャドウバン/shadowban規制とは?

シャドーバンとは、ソーシャルメディアの運営側が悪質なユーザーのアカウントの投稿をタイムライン等に表示させないように設定して(公の目に触れないようにして)半ばアカウント凍結(ban)に近い状態にする措置のことである。 ソーシャルメディア上の悪質なユーザーに対する一般的なペナルティはアカウント凍結である。アカウントが凍結されれば本人もフォロワーもそれと気づく。シャドーバンの場合、当該アカウントから投稿は従来どおり行えるため本人はシャドーバンに気づきにくく、フォロワーもアカウントが非表示の措置を食らっているのか、単に投稿が滞っているだけなのか、見極めがたい。特定のハッシュタグの検索結果からは排除されることになる。 シャドーバンはInstagramやTwitterなどで行われることがある。どのようなアカウントがシャドーバンの対象になるかは一概に言うことはできないが、公序良俗に半する投稿や振る舞い、ボットを使った人海戦術といった「ソーシャルメディアの本分を逸脱するような行為」がおおむね対象になるといえる【出典 IT用語辞典 Weblio辞書

ええええ、当てはまること、なにもしてないもん。

そこでさらに調べてみると、どうも禁止ハッシュタグが影響している模様です。

具体的にはインスタグラムに「instagram」というベタなタグをつけちゃいけないらしいです。地味に消しながら調べて見たところ、私が使っていたハッシュタグでは「Instagood」「instagram」「like4like」はまず鉄板NG。「photo」もあやしい。私はあまり使ってませんが「photography」も対象のようで他にも禁句があるようです。でも「コレつけちゃ、あかん」とかお知らせしてから禁止してくれてもいいじゃないのー。

うーん、コピペして使っていた私もあなたも絶望的 地味に外すしかないのでしょうか? 厳しいですなー、2000枚。勿論、もっとたくさんアップされている方はおいでですが、もー、寝る時間割くしかないかも

■解除法は以下他にも諸説あり
・2週間で自然と解除される説
・2日ほどログアウトすると復活する
・禁止ハッシュタグを削除する

■私が実行した対策
上記のハッシュタグを削除

投稿テスト、検索テストをしてみたところ、他のハッシュタグで検索をかけると表示されるようになり、投稿にも「いいね」やフォロワーが戻ってきました。

しかし、この問題はここで解消されませんでした しかたがなく(たぶん)2時間ぐらいかけて、(たぶん)100枚位のハッシュタグを削除したところ……、編集して保存されなくなりました ハッシュタグを増やして30コを越えて保存されないならばわかりますが、減らしてNG。

今度は大量に編集しなおしたから、保存できないシャドウバン 取材時に撮った写真が多く@付けも多々されているので、スパム扱いされたとか?

■総論
2月になってから、ほぼ同時に私のように覚えがないのにシャドウバンされている方が多々いる模様。
・そもそも、この一連の流れからしてバグの可能性も高いのでは?
・私はfacebookのアカウントでインスタグラムを始めたのですが、もしかして今回、バン喰らっている方って同様にfacebookから流れてません?

以上の可能性を感じています。

■後日談
復活した模様です。

まずアプリを削除して再インストールしました。さらにログアウトし二日間寝かしました。すると、NGハッシュタグを削除しなくても表示されるようになっていました。アプリ自体もバージョンアップされている模様。削除前に確認した際は最新だったと思うのですが……。謎です。

お疲れ様、わたし



関連記事

  1. 2019年度 吉例・一陽来復と迎春スワッグ作り

  2. KISS is my life. 「写真とは、私の人生、そのものだから…

  3. プーミポン・アドゥンヤデート前国王のドークマイジャン作り セントラルプ…

  4. 1年

  5. 健斗君、五歳

  6. 銅版作家・平野貴子さん 「平野 貴子 版画展」「平野 貴子 展 小さな…

  7. 健斗君、6歳

  8. ソース漂う浅草地下商店街 福ちゃんの焼きそば

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. できごと

    空に花咲くアンブレラスカイ 鹿沼市花木センター編…
  2. できごと

    花咲き、麗しく香る、穏やかなる「令和」によせて
  3. できごと

    行く平成 来る令和 ところで平成元年、なにしてた…
  4. ホテル

    コンラッド東京『コラージュ』 アミューズブーシェ…
  5. できごと

    夜桜 そして『経る時』
  6. カフェ

    天平の丘公園 10 picnic tabels&…
  7. できごと

    気まぐれな春 グーのいない2回目の桜
  8. 我が想い出のノートルダム大聖堂よ、永久に
  9. 泉美 咲月の死ぬまでに拝みたい世界の巨大神仏像めぐり

    2019年 大仏、桜、芝桜 牛久大仏再び(泉美 …
  10. できごと

    ルーム・トゥ・リード2019に出席させていただき…

カテゴリー

おススメの記事

  1. 香港

  2. 香港

  3. ホテル

  4. ジェーンアイルデール

  5. 泉美 咲月の死ぬまでに拝みたい世界の巨大神仏像めぐり

Copyrighted Image