夜桜 そして『経る時』


夜桜。

天平の丘公園は、日がな一日美しい。

昔は染井吉野のたおやかさ、清々しさが際立って見えたものですが、年を追うごとに八重桜の良さも感じられるようになってきました。

そして4月23日、麗らかな春の午後。散策しつつ日が暮れるのを待ちました。

今年は月の出の遅い時期の満開。当日は22:30頃でしたでしょうか、流石に待てずに月のない写真になりましたが空を縁どり、まあるく枝に花をつける様子は雪洞(ぼんぼり)のように見えます。これはこれで素敵。

2年ぶりに訪ね、思い出したのは3年前の薄墨桜。

24年前、4月21日に逝った、その人を想って撮った朝と夜を振り返りつつ、医学や医薬が進んだ現代ならば、それほどまでに若くして命を落とさずにすんだかもしれないと思うことがあります。そして自ずと傍らにいた愛犬グーのことも想いだされ、幾ら月日が過ぎても死による別れの涙は、枯れることなく流れセンチメンタルはますます積もるのですが……。

それでも、人を歓喜させ、明るい未来を予感させる桜の力に酔い、今年もシャッターを切りました。

ふと口ずさんだのは松任谷由実さんの『経る時』。

経る時 歌詞

3月から4月、蕾から桜吹雪舞う季節の移ろいと切なさを歌った名曲です。10代から20代の頃に聞いた曲に去来するのは「誰か」ではなくて「私」。その頃、胸ときめかせ、喜怒哀楽のすべてを溢れんばかりに放っていた自分への愛歌。

Amazon musicで



関連記事

  1. 12月7日 WordPress 5.0公開 編集機能、ブロックエディタ…

  2. 大阪府北部地震、平成30年7月豪雨 お見舞いとお悔やみ

  3. 花咲き、麗しく香る、穏やかなる「令和」によせて

  4. 麗しのタイ土産 バンヤンツリー・ギャラリーのお香 by Banyan …

  5. 蝋梅 月と金星が出遭う夜

  6. 行く平成 来る令和 ところで平成元年、なにしてた?

  7. ソース漂う浅草地下商店街 福ちゃんの焼きそば

  8. 2017年角川三賞贈賞式&祝賀会に伺いました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. タイ

    深夜便の疲れも解消 ディヴァナ・ナーチャー・スパ…
  2. タイ

    カボション ホテル & レジデンス滞在…
  3. ホテル

    グランドハイアット東京 ソワレ ブランシュ201…
  4. フィリピン

    フィリピン ビジネス ミッション2019に伺いま…
  5. できごと

    Happy Birthday2019 53歳、5…
  6. ホテル

    香港 ワーフ・ホテルズ主催 メディアランチョンに…
  7. 久しぶりの大阪 PONANTで南極クルーズの夢を…
  8. できごと

    空に花咲くアンブレラスカイ 鹿沼市花木センター編…
  9. できごと

    花咲き、麗しく香る、穏やかなる「令和」によせて
  10. できごと

    行く平成 来る令和 ところで平成元年、なにしてた…

カテゴリー

おススメの記事

  1. Voyager

  2. ホテル

  3. 香港

  4. フィリピン

  5. 香港

Copyrighted Image