泉美 咲月 (いずみ さつき)

文筆家 写真家
トラベルジャーナリスト

いずみ さつき。1966年生まれ。27歳の離婚を機に1994年より女性誌や企業誌、ムック、Webなどで企画記事の提案や執筆を開始。写真と文で日常のちょっとした幸せを綴る。2003年頃からフォトグラファーとしても活動。旅と食に重きを置き、2005年に『台湾カフェ漫遊』を上梓。他、著書には『京都とっておき和菓子散歩』、『糖尿病でも大丈夫! しっかり甘い手作りスイーツ』、『40代大人女子のための開運タイごほうび旅行』がある。

伝統芸能から旅、ペットまでと広く執筆をこなし出版プロデューサーとしても活動。撮影・制作書籍には『シナココALOHA!』(川島なお美著 ゴマブックス)、『ビストロ・なおはんのごちそうダイエット 』(川島なお美著 祥伝社)、『ソレイユ・トラベル+トーモイ』(川原亜矢子著 扶桑社)、『花とアリス寫眞舘』(岩井俊二監修 主演:鈴木杏、蒼井優 扶桑社)他多数制作。2012年5月『しあわせごはん 糖尿病のためのおいしいレシピと暮らし』(辰巳出版)を企画・制作。

海外渡航歴42年。『兼高かおる世界の旅』に憧れつつ、競走馬の調教師だった父の海外視察や、政治家を目指していた叔父のアメリカ、エジプト留学に感化され、旅において恵まれた環境で育つ。当時としては早い小学校6年生からハワイやサイパン、ロタ島の様々なリゾートを体験。こうした経験が自身の旅の在り方を模索する礎となる。その取り組みは観光だけに留まらず「ホテル」「食」「開運スポット」「スパ」に及ぶ。中でもスパ取材においてはフランス、スペイン、イタリアといったヨーロッパ圏、さらに日本をはじめタイ、ベトナム、香港、台湾、マカオ、フィリピン、マレーシアといったアジア各国の350カ所を超える施設で体験&取材。さらに2017年、プーケットのバンヤンツリー・スパ・アカデミーを2度に渡って取材、体験入学。加えて頚椎症ヘルニアの再発を経て「痛みという孤独を抱える方を僅かでの癒したい」という想いがきっかけとなりセラピストとして技を学び、すでに700人を超えるボディ・トリートメントの経験を持つ。

とくにタイはタイ料理とリゾートを求め1991年の初訪問以来の親泰。数多訪ねるうち、2012年には計40日間に渡り滞在し取材、メディアに紹介。好きが高じて2013年5月、著書『40代大人女子のための開運タイごほうび旅行』(太田出版)を上梓。2016年にはタイ国政府観光庁(TAT)が主催した配信力のあるブロガー6人が食、観光地、アクティビティや”微笑みの国”と言われるタイの人々のホスピタリティーを体験し、その魅力を配信するイベント「ブロガーGO!!」の初代メンバーに選ばれ参加した。

2016年~2017年は、ほぼ毎月のようにタイへ引き寄せられ取材。さらに2017年からはフィリピン取材を開始。マニラ、ボホール島に度々足を運び新たな旅を探求。2019年春より医師向け会員制ポータルサイトm3.com「Doctors LIFESTYLE」にて旅のガイドをつとめ、いずれも各政府観光局、5つ星ホテル、航空会社の協力を得てメディア・インフルエンサーとしても活動の場を広げている。

2018年4月自身運営のWebメディア「アジア旅を愛する大人のWebマガジン Voyager」を創刊。編集長を務めている。

なお、趣味は世界の巨大神仏像めぐり。

facebook Twitter Instagram
HP 泉美咲月の開運は一日にして成らず

お仕事のご依頼 お問い合わせはこちら

 

Copyrighted Image