茶餐廳「翠華餐廳」でパイナップルパンとクリスピーパン


香港取材こぼれ話し。今回、一番長く滞在したものの終日取材というスケジュール。プライベートな時間は皆無だったと言っていい内容でした。

その合間に少しでもローカルな香港に触れたいとカオルーン シャングリ・ラ香港滞在時、広報のパッツイーに「茶餐廳に行って香港式ミルクティーが飲みたい。この近くにある?」と尋ねてみました。すると24時間営業の「翠華餐廳」を教えてくれました。24時間ってところが、妙に響くわ いつでもいけるものね。

その午後、カオルーン シャングリ・ラ 香港が提案する街歩きの取材へGO!! いい天気でねー、坂道、階段含む2時間ちょっと歩き回って写真を撮って燃え尽きました その帰り道、パッツイーの取り計らいでツアーガイドのお姉さんが「翠華餐廳」へと案内してくれました。

「パンがいい? ヌードルがいい?」と聞かれ、この先に待っている海老ワンタン麺三昧を予想し&たまにはパンと思い彼女にお任せしたら出てきたのがこの2つ。パイナップルパン(菠蘿油 $25)とクリスピーパン(奶油猪 $16)。

当然、茶餐廳歴も浅い私は、話しには見聞きしていたものの食するのは初めて。メロンパンにもみえなくないパイナップルパンの姿や「どうしてバターを挟んでいるの?」などと自問自答しつつ実食。とくにパイナップル感を感じないものの、最初は抵抗のあったバターも悪くない。お口の中で溶けてクリーミー。

そしてもっとびっくり、コンデンスミルクがかかったカリカリのクリスピーパン。絶妙にパンが焼かれていて感心、ちょっと唸る(笑)。

勿論、お供は甘いミルクティー(ガイドさんはレモンスライスたっぷりのアイスティー)。どうぞどうぞと勧めてくれるしおいしいのだけど、さすがに全部甘いと頑張れません←職業甘党の嘆き 

ホテルに戻ってシャワーを浴び、ひと眠り。起きたら21時の微妙な時間です。出かけるのも億劫なので、ウェルカムアメニティのチョコレートとフルーツを食べて再び眠りました……。そう、疲れていて思考力を失ってました。

目覚めたら口元がむず痒い。鏡を見ると滅多に出ない吹き出物が どう考えても糖質、脂質の摂りすぎですよね その翌日、今度は深水埗のローカルフードめぐりでますます首を絞めることになるのですが、それはまた別のお話し



関連記事

  1. 香港トラムと懐かしき本たち 香港路面電車の旅―トラムには香港のすべてが…

  2. 大人を魅了する愛らしさ ザ・ポッティンジャー香港を取材

  3. 香港土産 レトロで素敵 万能『RICQLES 法国双飛人葯水』

  4. ザ・ポッティンジャー香港滞在 陸羽茶室でひとり飲茶

  5. 2017年7月 麗しのケリーホテル香港 プレミアシービュールーム滞在

  6. 旅という財産 香港取材を終えて

  7. 実は……香港に来ています

  8. 香港・白沙湾へと 食之劇場、長屋英章さんに逢いに

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. できごと

    雨音
  2. できごと

    母の旅立ち わたしの決意
  3. 理想的なスッカラ
  4. どんぶりに関する一考察
  5. カフェ

    カフェという幸せ 旅という私の幸せ
  6. できごと

    器とカフェと、アートと
  7. できごと

    帰郷、そして月とスパイス
  8. できごと

    自分の殻から抜け出す
  9. できごと

    心を起こす
  10. できごと

    令和3年のお正月 

カテゴリー

おススメの記事

  1. 香港

  2. ホテル

  3. 旅コラム

  4. オーガニック

  5. タイ

Copyrighted Image