「ザ・ペニンシュラマニラでラグジュアリー・リゾート ヒロット編」 フィリピン、癒しのヒロット旅Vol.5


※本記事は2017年「CheRish」にて連載した記事を連載終了後に移行、改稿したものです。
賑やかなマニラ・マカティにあってもリゾート気分になることができる『ザ・ペニンシュラマニラ』。1階には緑のガーデンに囲まれたスイミングプール、有酸素運動やウェイトトレーニングマシンを完備したフィットネスセンター、そして『ザ・ペニンシュラ スパ』があります。

ザ・ペニンシュラ スパ(ザ・ペニンシュラマニラ内)
住所:Corner of Ayala and Makati Avenues, 1226 Makati City, Metro Manila, Republic of the Philippines
営業時間:07:00~22:00
電話:+63 2 887 2888
問い合わせ:ペニンシュラホテルズ・リザベーションセンター
フリーダイヤル:0120 348 288 (日本語)
URL:https://www.peninsula.com/ja/manila/wellness/luxury-hotel-spa-makati

ザ・ペニンシュラ スパで贅沢ヒロット体験

ここでぜひ体験して頂きたいシグネチャーメニューは『ヒロットマッサージ ウィズ ヴェントーサ』(90分 PHP 3,800 税/サ別)。ヒロットに加え、フィリピン式カッピング『ヴェントーサ』、さらにフィリピンの伝統的足裏マッサージ『ダグダガイ』を盛り込んだ贅沢な内容です。


 icon-camera まずはバラの花を浮かべたフットバスでリラックス

まずは温めたオイルで背中をマッサージ。バージンココナッツオイルに有機レモングラスのエッセンシャルオイルを加えておりまずはその香りに癒されます。ペニンシュラの『ヒロット』は肘、腕を使って深く長いストロークを行うマッサージ”ディープティシューマッサージ”がベーシックな手技であり、このスパを代表する施術のひとつ。筋肉の奥深くまでアプローチすると言われているため、日頃から肩や腰の痛み、全身の疲労感を感じている方、強めのマッサージが好きという方に最適。そこにヒロット・スタイルが加わると最強です。


 icon-camera 筋膜にまでアプローチするディープティシューマッサージ。痛みにアプローチする『ヒロット』との相性は抜群

まずセラピストはゲストの冷えや凝りを読み取りながら全身を解していきます。さらに温めたバナナの葉を背中に乗せ、温めながら緊張を緩和させていきます。


 icon-camera 『ヒロットマッサージ ウィズ ヴェントーサ』で使用するフィリピン式の器具

15分バナナの葉を貼った後はヴェントーサ。これがアジア各国のカッピングとは違い、ソフトで軽やか。小さなキャンドルに火を灯し、グラスにも似たカップをかぶせ、すぐに火を消します。するとゆっくりと皮膚が赤く盛り上がります。


 icon-camera キャンドルを使用する珍しいカッピング。ソフトな施術なのでカッピング後、痕が残りにくい

さらにそのカップを使ってマッサージしていくのが他所との大きな違い。オイルで解された肌の上を滑らせます。血流を促し、デトックス作用もあるというカッピングの効果を存分に高めてくれます。吸玉と違ってソフトなので後も残りにくく、水着の時も気になりません。

その後、竹の棒で足裏を押す『ダグダガイ』、ヘッドマッサージと、まさに頭からつま先まで及ぶのですが、随所に『ザ・ペニンシュラ スパ』ならではの献身さ、丁寧さに満ちていて、マニラのホテルスパの最高峰を実感できるはずです。トリートメントルームは2部屋と少ないものの、24時まで部屋でマッサージが受けられるのも、このホテルならではの楽しみ。自室でリラックスしながらクオリティの高い施術が受けられます。

スパにあとはザ・ロビーの絶品ハロハロ

施術のあとはオールディダイニング『ザ・ロビー』でフィリピンを代表するデザート『ハロハロ』はいかがでしょうか?


 icon-camera マニラ一と称される絶品『ハロハロ』。年間7,300個を提供したこともあるという

『TIME』誌の2006年「ベスト・リーガルハイ」に選ばれた人気メニュー。グラスの中にはフルーツや豆、ナタデココ他の甘味、シェービングアイスのカラフルな層。その上には、ウベと呼ばれる紫芋のアイスクリーム、フィリピンのプリン”レチェ・フラン”。上質な素材で作られていて濃厚で、まさに5つ星ホテルの味わい。帰国後も忘れられないおいしさです。『ハロハロ』とはタガログ語で「混ぜ合わせる」という意味。このスイーツも『ヒロットマッサージ ウィズ ヴェントーサ』もフィリピンとペニンシュラの嬉しいミックスといえます。

『ザ・ペニンシュラマニラ』滞在、それは新鮮なだけでなく、フィリピンを旅する十分な理由になるはずです。初めてのペニンシュラをぜひマニラから。

次回は『エドサ・シャングリ・ラ マニラ』の『CHI, The Spa』をご紹介します。

ザ・ペニンシュラマニラ  The Peninsula Manila
住所:Corner of Ayala and Makati Avenues, 1226 Makati City, Metro Manila, Republic of the Philippines
電話:+63 2 887 2888
問い合わせ:ペニンシュラホテルズ・リザベーションセンター
フリーダイヤル:0120 348 288 (日本語)
URL:https://www.peninsula.com/ja/manila/

PHP(フィリピンペソレート):2017年11月16日現在 PHP 1 =2.21684円

協力:フィリピン観光省ザ・ペニンシュラマニラフィリピン航空

 icon-book バックナンバー







※本記事は2017年「CheRish」にて連載した記事を連載終了後に移行、改稿したものです。



関連記事

  1. ザ・ペニンシュラマニラでラグジュアリー・リゾート 宿泊編 フィリピン…

  2. 「開運香港観光ガイド」 旅して強く、美しくなる香港Vol.2

  3. 「ラグジュアリーLCC、スクートで飛ぶバンコク」 雨季でも、ビギナーで…

  4. 「もっと近く、楽しくなる香港エクスプレス」 旅して強く、美しくなる香港…

  5. 「最強の私に導く、風水スパ2 I-SPA by インターコンチネンタ…

  6. 「開運バンコク観光ガイド」 雨季でも、ビギナーでも、幸せになれるバンコ…

  7. 「フィリピン航空で開くマニラの扉」 フィリピン、癒しのヒロット旅Vol…

  8. 「”美”食を満喫 ケリーホテル香港」 旅して強…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. できごと

    令和3年のお正月 
  2. できごと

    逆風か、追い風か?
  3. できごと

    2020年 I wish you a merry…
  4. アイテム

    おうちご飯はアナオリカーボンポット OVALにお…
  5. できごと

    54カラット 私の旅「ピリオドではなく、ひと休み…
  6. ホテル

    ちょっとの手間とコツで、ホテルの味 オークラ特製…
  7. できごと

    コロナ禍に「普通の毎日じゃダメですか?」
  8. できごと

    2020年、今年の桜
  9. ジェーンアイルデール

    ひと足早く、春咲きメイク 2020年春の新色コレ…
  10. ホテル

    2019年春 やっぱり日本のホテルっていいねの巻…

カテゴリー

おススメの記事

  1. スイーツ/和菓子

  2. 香港

  3. オーガニック

  4. できごと

  5. ビューティ

Copyrighted Image