風邪、花粉症、インフルエンザ予防に最適 フランス発『ファミーユ・マリー』のプロポリス・スプレー


これからの季節必須、フランスのはちみつ屋さん『ファミーユ・マリーFamille mary)』のビオ・プロポリススプレー。パリに行くたびに買ってかえるビオ製品のひとつであり、時にはお友だちにお願いしてリピートしている愛用品です。とても優秀なのです。

使い始めた5年前はまだ日本ではプロポリスを主とするスプレーは手に入りにくくかったのですが昨今、海外製のものも販売されるようになってきました。そこで改めておススメ。しかもこの『ファミーユ・マリー』、GINZA SIXに日本初上陸しちゃったんですよね。私が行く、パリのサンポール店はずっと質素なショップなのでイメージが違う(笑)。ただし日本でこのプロポリススプレーの取扱はないようです。

秋のパリ リュクサンブール公園にて

さて、このプロポリススプレーを使い始めたきっかけはインフルエンザでした。以前はタイに行くとインフルエンザに感染して帰ってくる率がとっても高くて……。冬のないタイでインフルエンザなんてと思っていたら外気とエアコンのきいた室内の寒暖差が強いため、通年流行っているんだとか。

2012年に1ヶ月を超えるタイ取材を予定していた直前、パリに取材に行き、その時出逢ったのがこのスプレー。ビオのプロポリス、ハチミツ、ハーブをブレンドしたナチュラルなケア商品。菌は喉や気管支で繁殖すると言われるため、消毒効果の高いプロポリスを直接スプレーすることで予防しようと考えたのです。当時はマヌカハニーも流行っていてスプレーもありました。この二つを携えてバンコクへと渡ったらお見事。風邪ひとつ引かず、またそれ以降もタイでインフルエンザを拾ってこなくなりました(^^)v

また他にも気を付けていることはあります。どの空港には各国の人が集まり、機内は結局密室状態。伝染病に感染しやすい環境だと言います。私は乾燥と埃に弱く、喉から風邪を引く傾向にあるため、移動の際のマスクは欠かせません。オリジナル移動用のケアセットもあるんですよ。

左からジャスミンの香りが麗しいパンピューリのハンドクリーム、『ファミーユ・マリー』のプロポリス点鼻薬とビオプロポリススプレー。ジェーン・アイルデールエコサート バランスハイドレーションミスト(機内持ち込みのため小分けしています)。手前がジェーン・アイルデールのリップクリーム SPF15/PA++。ミネラルで外気や乾燥を防ぎ、潤いを持続させてくれるリップクリームで唇だけでなく目元に使えるので必須。

加えて肌身離さず持っている葛根湯(笑)。ゾクゾクしたらすぐに身体を温めるために飲みます。これがなかなか頼りになるの。

また、品質が良い上に日本よりもお安く手に入るのも嬉しいことのひとつ。

ビオ・プロポリススプレーが€9.95。

成分は、水、有機蜂蜜、有機プロポリス*、グリセリン、有機アルコール、有機セージ、有機ブラックカラント、濃縮ブラックカラントジュース、アルコール含量、22%。

プロポリス点鼻スプレー、€9.90。

ローズマリーエキス2.5%、タイム抽出物2%、ユーカリ抽出物2%、ホワイトネトル、プロポリス抽出物 0.4%、生理食塩水、0.9%ゲランドの塩を配合。

こちらは昨年12月に立ち寄った際にみつけた新商品、グリーンベルトのプロポリススプレー、€10.90。

ちょっと甘みがあって、通常のものよりスッキリした喉越し。癖がないのでビギナー向けかと。

点鼻のプロポリスは風邪の引き始め、花粉症の方には絶対使って欲しい品。日本で見かけることがないのが残念。

さぁ、これからが風邪やインフルエンザの本番。ビオのハチミツコスメとしても歴史あるファミーユ・マリー。プロポリス商品も多彩でフランス土産に持ってこいです。寒いヨーロッパは嫌いだけど、ファミーユ・マリーにお買い物しに行きたい♡

ファミーユ・マリー Famille mary
住所:75 Rue Saint-Antoine, 75004 Paris
電話:+33 01 40 29 90 60
Eメール:paris04@famillemary.fr
営業時間:月曜日 14:30分~20:00
火曜日~土曜日 10:00~14:00 14:30~20:00

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

関連記事

  1. オーガニックシャンプーなのにしなやか、しっとり ケラスターゼ『オーラボ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)