美を作る者 伝える者の使命 ペ・ヨンジュン著「韓国の美をたどる旅」


ここに、かつて心に刺さった意味のある本があります。

ペ・ヨンジュン著「韓国の美をたどる旅」。ご存じヨン様の著書。2009年に出版された本ですが私が手にしたのは2015年のことでした。

長年、伝統文化、伝統芸能他をおいかけてきた自分にとって、テーマそのものもストライク。その時私は「拙著ではもうガイドブック的な本を作るのはやめよう」と思いました。自分が伝えたいと思うものを汗水流して時間をかけて作る。本の中に綴られたヨン様の想いが深く胸に刺さって、自分の迷いも、戸惑いも消えました。

ご自身が美しいと感じる「韓国」のものを訪ね取材・撮影、執筆した本は400ページを超え、韓国文化の資料ともいえる充実した内容です。好きなこと、伝えたいと思うことをコツコツと寸暇を惜しんで努力する姿勢が素晴らしい。そうだ、私もこういう本を作りたかったんだと思い知らされました。

この本によりぺ・ヨンジュン氏への見方が変わりました。勿論、さらに良い方に。

祖国を愛し誇りに思っていることがページの端々からこぼれ、内容もタレント本の域を越えています。

私はファンではないので、報道されている程度でしか彼を知りません。でもとても数奇な人生を歩まれている印象があります。日本で脚光を浴び、大きなブームを巻き起こした。韓流という流れは「ヨン様」に続き政治家が成し得なかった国交を果たしたのは周知の事実。

しかし本人にとって役者は生業じゃなかったんですよね。実業家に転身、成功して自分らしく生きること、仕事を手に入れた稀有な人。こういう宿命を背負っている人ってそう多くはないと感じます。

今朝、久しぶりに本棚から取り出し眺めていたら懐かしい記憶が蘇りました。2011年~2012年春まで、せっせと韓国に通った時期がありました。初めて韓国に行ったのは2006年ですが、その直後から韓国時代劇が好きになり歴史や文化に興味を持つようになりました。


数年を経て行きたいと思っていた史跡や陵、寺院他をひとりで、時に友人たちと巡りました。

韓国の話題に触れた機会にその一部を写真でご紹介します。






初韓の際はごくごく普通に半日観光で景福宮を見学しただけでしたので、ソウルの古宮(景福宮、昌徳宮、慶煕宮、昌慶宮、徳寿宮)や宗廟、時代劇に登場する王や王妃の陵を回りました。



韓国は風水を取り入れている土地であり、モチーフにもそれぞれ意味合いがあります。色も豊富です。

偉人や王様のお墓参り好きな私。「宮廷女官 チャングムの誓い」で日本でも知られるようになった李氏朝鮮王朝11代国王・中宗や妻の文定王后陵、中宗の父母の成宗、貞顕王后などといったソウルの各陵も参拝しました。









一部望遠レンズを使用して撮影しています。

古宮も陵も桜や紅葉の時期に巡ると、とても美しく趣があるんですよ。

長い時は2週間、短くて1週間滞在し、とにかく韓国中を飛び回る(笑)。毎日、3万歩を歩き足腰がガタガタに。旅で過労死するかと思いました

また百済の都があった扶余。新羅が栄えた慶州も念願の地でした。

まずは扶余。百済終焉の地、白馬江の美しく切ない夕陽……。歴史テーマパーク「百済文化団地」では味のある演技で好きな俳優チョ・ジェヒョンさんの撮影シーンに出くわし、ドラマ「ソドンヨ」の最終回に登場した国立扶余博物館に所蔵される百済金銅大香炉を見た時はとても嬉しく、感動したものです。




扶余を訪ねた翌日(一度ソウルに帰って)、今度は慶州、新羅の都へ。当時好きだったドラマ「善徳女王」の所縁の地を訪ね、女王や三国統一に貢献したキム・ユシン将軍のお墓参りも果たしましたが、一方とても複雑な気持ちに。人も物も根絶やしにされた百済に対し新羅は勝者の土地。古い史跡や文化財も豊富に残っていました。その栄華が前日見た百済の面影を思い出させ、なんともいえず悲しみを誘いました。






友人2人と出かけた清州の旅も懐かしい。ソウルに語学留学中だったフリーアナウンサー、ひろたみゆ紀さんと私を案内してくれたのは、韓国人の友だち、チョンミン。「オンニ、韓国の結婚式行ってみたいでしょ?」とマニアの願望を察して同級生の結婚式に連れていってくれたり(飛び入り参加もあり、韓国の結婚式!)、清州を代表するユッコリ総合市場も巡りました。




夜は彼女の実家に宿泊。お母さんが作ってくれたじゃがいものカルグクス、翌朝食べたワタシ史上ナンバー1のカルビスープなど、心があったかくなる思い出が増えました。当時は自分の知的好奇心を満たすために出かけ、ついでに取材をしてくる感じで、のびのび旅をしていたように思います。最近は仕事のついでにちょっとバカンス

ドラマといえば名ロケ地の風景を撮りに出かけるのも楽しく、安東河回村を訪ねました。





安東河回村は世界遺産に登録された両班の村。S字をした洛東江に因んで河回村と名付けられています。芙蓉台から見渡すこの風景は独特。大きくうねった河の形状はパワースポットの証。今なお、子孫が住み守り続けていることに納得できます。

散策の合間に安東名物チムタク(鶏の甘辛煮)と塩サバを頂きました。韓国ドラマフリークとしてはオンドルの入った韓屋造りの、しかも床几の上で一度はご飯が食べたかったの(笑)。







花曇りの少し寒い11月。食堂のお母さんお父さんが用意してくれた手作りご飯。写真はほんの数場面ですが一日中楽しかった。ちなみにチムタクは大盛な上、鶏の嫌いな私は野菜や春雨しかつままないで大量に残り、ソウルに持って帰りました(笑)。

2012年8月、イ・ミョンバク(李明博)元大統領の竹島上陸騒動が起こります。話しは冒頭のペ・ヨンジュン氏の話しに戻りますが、彼があっという間に近づけた日本と韓国をイ・ミョンバク元大統領は一気に切り離した、そんな気がした出来事でした……。

それを境に韓国での反日感情、日本での嫌韓ムードが高まり今日に至ります。同じくして私の心が韓国から離れたのも事実です。同時にとても残念だと思っています。

簡単に政治や慣習は変えられない。生まれた距離の隙間に冷たい風が吹いていて止まない。

でもどんな時も「旅」は私たちを幸せにしてくれます。なくていい土地なんてあるはずがない。だからこそ微力ながらも、あの楽しかった日々を再現できるような旅の提案を自分に、そして皆さんにしていけたらと思い始めています。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

関連記事

  1. 「祟りじゃー」と叫びながら蔵書のお手入れ 100均グッズでできちゃう本…

  2. 旅する私の原点 ~浅水湾の月 森 瑤子著~

  3. 私を励ましてくれる誠の言葉 「中庸」第二十三章

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. 韓国

    prime videoでコン・ユ主演『トッケビ~…
  2. タイ

    スイカジュースとココナッツアイスクリーム バンヤ…
  3. アイテム

    遅れてきたiPhone 8 plusデビュー ウ…
  4. タイ

    バンヤンツリー・プーケット サフロンでタイ料理の…
  5. できごと

    【10月の手土産】限定発売 京生八つ橋 甘辛 み…
  6. アイテム

    自慢の上海灘のiPhoneケース 新型が発売され…
  7. タイ

    バンヤンツリー・プーケット フラワーバスに夢心地…
  8. タイ

    2018年バンヤンツリー・プーケット 始まりの地…
  9. タイ

    バンヤンツリー・プーケット プールサイドの日本食…
  10. タイ

    ただいま、バンヤンツリー・プーケット 蜃気楼の島…

カテゴリー

おススメの記事

  1. アイテム

  2. カフェ

  3. 香港

  4. ホテル

  5. フィリピン

Copyrighted Image