2020年、今年の桜


麗らか、桜の季節到来。

2年前、愛犬グーが旅立ってから、いつも一緒に追いかけた桜を見るのがとても淋しかったのですが、やっぱり年月は心を回復させてくれるものですね。今年は少し穏やかに桜を見ています。


 icon-camera 2009年4月 グーと桜ピクニック

一方でグーも、菊も、本当に良いコだったうちのコたちが、どれだけ私たち家族を幸せにしていてくれたか。それは時間が過ぎれば過ぎるほど、改めて強く感じることができます。ありがとう。彼らがいない3度目の春が来て桜が咲きました。

「咲」とは、「笑」。「えらぎ笑う(楽しそうにニコニコ笑う)」という意味をなす漢字です。訓読みでは「わらう」と読みます。昔、巫女が手をかざして歌舞をし、神様を喜ばせた形「笑」という字の原型。

また「咲」は、口を細めて「ほほほ」と笑う形で、一説によると人は花が咲くのを見ると笑うため、この字をあてたと言います。そうして、花を見ると自然と笑みが浮かぶこの時期、天平の丘は枝垂れ桜、雪柳が見頃。尼寺の淡墨桜も満開。花々が縁どる空を見上げていると、いま世界で起こっている混乱をひと時、忘れることができます。

でも、今年はいつもと違う春。コロナショックでいつもと違う雲行きです。虚しい心はずっと晴れなくて、2011年3月に自分が書いたブログを見返してみました。

どんなことがあっても季節はめぐり、花は咲く。
やがて実を結ぶ。
大地に落ちた種は、また芽を出す。
それは人も同じだから、
あえて今、この春に立ち上がる機会を得たことを幸せに思いたいです。

そう、春に桜が咲くように、朝が来ない夜がないように、事変も必ず終わりが来るのを皆が知っている。私もよくわかっている。

だから頑張れる。




関連記事

  1. 父のお墓参りへと 唐獅子に守られた墓石

  2. 有様 2017年 水無月の蓮

  3. VITAFUL ビタフルはダイエットに使えるのかしら?

  4. 2017年角川三賞贈賞式&祝賀会に伺いました

  5. 2018年 佐野市 蓬莱山に紅葉狩り

  6. 秋の終わり、冬の始まり 

  7. 瑠璃光院常楽寺を訪ねて 4年目の秋、燃ゆる曼珠沙華

  8. 国産、無添加 八ヶ岳食工房の生ハムでお家ディナー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. できごと

    少しだけ時間が過ぎ、お話ししておきたいこと
  2. できごと

    心よりご冥福をお祈り申し上げます
  3. できごと

    母の旅立ち わたしの決意
  4. できごと

    自分の殻から抜け出す
  5. できごと

    心を起こす
  6. できごと

    令和3年のお正月 
  7. できごと

    逆風か、追い風か?
  8. できごと

    2020年 I wish you a merry…
  9. ホテル

    ちょっとの手間とコツで、ホテルの味 オークラ特製…
  10. できごと

    コロナ禍に「普通の毎日じゃダメですか?」

カテゴリー

おススメの記事

  1. 泉美 咲月の死ぬまでに拝みたい世界の巨大神仏像めぐり

  2. ホテル

  3. タイ

  4. 香港

  5. フィリピン

Copyrighted Image