1年


速いのか遅いのか。
明日で恩人、川島なお美さんが亡くなって一年になります。

思い出すもの。
曼珠沙華、ダリア、長野県姨捨で観た仲秋の名月。


この1年、毎朝「なお美さん、おはよー」と呼びかけ、彼女のためのキャンドルを灯し、お香を焚くことを繰り返してきました。「あ、こんな時、なお美さんに叱られちゃうな」って思うことがあると「ダメじゃない、泉美ちゃん」ってあの声が聴こえてくる気がします。

とはいえ、まだその死を受け止め切れてない。なお美さんが旅立ったことが現実に思えない1年でした。

だからまだ「さよなら」が言えてない。時間が止まり、当時頂いたブログのコメントやメッセージにもお返事できないままです。死というものは幾度出逢っても慣れることは出来ない。悲しむのを止められないものです。

この写真はパリのネオビストロ『ル・ブルー・ノワゼット』でランチをした際に撮影しました。とても気に入ってます。シャッターを押す瞬間、消したはずの火が燃え上がったのは、なお美さんのまばたきに違いありません。

関連記事

  1. 2017年角川三賞贈賞式&祝賀会に伺いました

  2. ツーリズムEXPOジャパン2017に伺いました

  3. 占い? スピリチュアル? 驚きの預言CAFE

  4. 四日月とドレクスキップ

  5. ザ・ストリングス表参道 カフェ&ダイニング ゼルコヴァでワインタイム

  6. 大平山、謙信平 名残りの紅葉

  7. 秋の終わり、冬の始まり 

  8. 愛犬と生きるということ 久しぶりにグーさまと私の話し

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)