72時間 ホンネテレビ 連休中、ホンネで考えたこと


秋冬は北からやってくる。

菊の花が咲き、木々が紅く染まり、我が家の庭も冬が近づいてきました。

月末から軽く引きこもり(^-^;

連休前から未来を拓く作業に精を出していました。これがなかなか、思うように進まない。でも自分にしかできないこと。やればやるほど財産になる。そんな感覚で励みました。

そんな中で芽生えたホンネ。この春すぎから考え続けていたこと、気づき始めたこと。どんな世界で生きていくか、どんな人と出逢い、縁を結び、仕事をしていくか、すなわち、私は本来なにを望んでいるか。今年は様々な事柄を見極めるいい年になった気がします。

まー、苦い思いを度々してして痛感したのは「人はタダで貰ったものは大切にしない」ということかな(苦笑)。私は人に、言葉を伝えたい、なにかをしてあげたい、喜ばれたいと常に思っています。ずっと長く顔の見えない「読者」という存在に言葉を届ける仕事をしてきたせいかわかりませんが、出来るならば皆を幸せにしたいと考えます。

一方で与えて貰うことに執着しない。何故なら私が欲しいものは、なかなか伝わらないから。でもたまに胸がチリチリする。見返りを求めずにいることは、美徳ではなく、ただのお人よしだと身に沁みることも多々あります。

それでも……、いつも失敗から学んでいけばいい。もう50歳を過ぎたのだから、正直、苦労はしたくないです(笑)。「精進」は随分しました。40歳を終える頃、これからは志しにのみ追いつきたい、人も仕事も選びたい、そう思ったものです。今年はその50代のビジョンを見直すための1年だったと今は感じています。

そんなことを思い、悩み、考えた連休中、ついつい見ちゃったのが吾郎ちゃん、ツヨポン、慎吾ちゃんのAbemaTV『72時間 ホンネテレビ』(^^)v

昨年のSMAP解散報道以来、どんよりメソメソしていた心が、やっと晴れた気分。『新しい地図』開設、発表以来、とても楽しみにしていました。近年、テレビはさほど見ないのにずっとずっと見ちゃった(笑)。

普段、素敵な旅や生活をガイドしておりますが、6人だった時からのSMAPファン! 目覚めたのは23年前、離婚を経験した後のこと。いつの間にかよく見るようになった出演番組、口づさむようになった曲。やがて『がんばりましょう』が自分への応援歌になりました。思えばそこから森且行くんが脱退、退所するまでの2年間は濃くて楽しかった。ファンクラブに入り、ライブにも行きました。毎日がまさに「SMAP」! それがまさか、私の誕生日に森くんが去っていくなんて(T_T)。

だから『72時間 ホンネテレビ』の放映の最中、3人の行きついた先が浜松オートレースだった時は絶叫。レースを見て泣いたのは森くんのデビュー戦以来。4人が再会した瞬間に流した涙は、森くんがオートレースの養成所入所早々、事故って重症と報じられた時と同じくらい。そんな感動のシーンから、ゆるすぎ、ダルダルのムードもすべて彼ららしくて、とてもよかったです。彼が21年頑張ってきたから、厳しい世界、ましてレース開催中でも中継ができたのだと思います。

そしてアメブロ、Twitter、インスタグラムを連動。時代にとてもよく合っている、すぐれた企画ですね。SNS未体験だった3人が、その場で教えを請い、72時間のうちに自分の言葉と姿を配信していく。それにつられて、SNSやブログを始めた人も多かったと思います。しかも、スクリーンショットしてバンバン、SNSに載せてってスゴイ革命。自由さと戦略の勝利。

一方で「SMAP」「中居正広」「木村拓哉」という口にできないワード、歌えないSMAP の曲……。私たちに関係のない契約があるとしても、今って何時代なんだろう? いろいろおかしくない?

テレビのあり方を視聴者が考えた機会であり、また、三人の勇者の成長を目撃した72時間でした。輝く瞳、笑顔、力を貰いました。おかげでホンネロス(苦笑)。

終わってからのメンバーのコメントも感慨深い。
→ 「72時間ホンネテレビ」応援ありがとうございました!

特に目を引いたのが草彅くんの「72時間あれば人って変われるという気持ちの持ち方ができました」という一文。そうだね、意志さえあれば、芯さえあればどんな短い時間でも変われるね。

また慎吾ちゃんの「最初こんな僕らにゲストなんて来てくれるかなと思っていたけれど」という言葉には、また胸がちぎれそうになり、いつも淡々としてる吾郎ちゃんの「言葉に言い表せられないような気持ちで、こんな感情になったことは今までなく、色んな思いがあります」という心の動きにも驚きました。長く暗いトンネルを抜け、浴びた光。その眩しさを忘れず、私たちに幸せを届け続けて欲しいですね。

第二弾目に配信された「新しい地図 本格始動」も印象的でしたね。

 

「信じていれば どこかできっと会える」

そして、3人が4人になった瞬間……。多くの方が願っているように、5人、6人へと繋がり続けることを信じています。

楽しかったし、学びの多い番組でした。

翌日6日の朝、ふと思い立ちスマホの連絡先を少し整理、繋がりの断捨離。わたし、ジャニーズ事務所のお仕事をさせて頂いたのは数える程度ですが、事務所の電話番号、かつてやり取りさせて頂いたマネージャーさんたち、エライ人の携帯番号、ついでに削除しました。私は忖度する立場にもありませんし、圧力を受ける仕事もしてませんしね、生まれ変わり輝くもの、切り開いていくものを応援したいと思います。そんな個人的な決意、ケジメ。

元SMAPなんて言葉はいらない。稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さん、40歳過ぎても、アイドル、いいじゃないですか。人生は素晴らしい、その言葉を体現できる存在であり続けて欲しいです。

いろんな意味でい連休でした(^^)v


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

にほんブログ村

関連記事

  1. 花々が織りなす水色の絨毯 ひたち海浜公園、ネモフィラの咲く丘へ

  2. 2017年 大洗磯前神社 神磯の鳥居に昇る絶景の初日の出

  3. 1年

  4. 『CheRish』連載 『大人女子のご褒美バカンス 強く、美しくなる香…

  5. 愛犬の旅立ち ありがとうグー

  6. 『CheRish』連載 『大人女子のご褒美バカンス 新しいフィリピン、…

  7. 健斗君、四歳

  8. 『CheRish』連載 『大人女子のご褒美バカンス 強く、美しくなる香…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. ジェーンアイルデール

    美しく、潤う、ジェーン・アイルデールのリップクレ…
  2. 韓国

    prime videoでコン・ユ主演『トッケビ~…
  3. タイ

    スイカジュースとココナッツアイスクリーム バンヤ…
  4. アイテム

    遅れてきたiPhone 8 plusデビュー ウ…
  5. タイ

    バンヤンツリー・プーケット サフロンでタイ料理の…
  6. できごと

    【10月の手土産】限定発売 京生八つ橋 甘辛 み…
  7. アイテム

    自慢の上海灘のiPhoneケース 新型が発売され…
  8. タイ

    バンヤンツリー・プーケット フラワーバスに夢心地…
  9. タイ

    2018年バンヤンツリー・プーケット 始まりの地…
  10. タイ

    バンヤンツリー・プーケット プールサイドの日本食…

カテゴリー

おススメの記事

  1. スイーツ/和菓子

  2. できごと

  3. 泉美 咲月の死ぬまでに拝みたい世界の巨大神仏像めぐり

  4. ギャラリー

  5. ジェーンアイルデール

Copyrighted Image