ザ・ポッティンジャー香港滞在 陸羽茶室でひとり飲茶


ザ・ポッティンジャー香港は香港島・中環(セントラル)、石板街(ポッティンジャー ストリート)に位置します。そして車道側の士丹利街(スタンレー ストリート)沿いには1933年創業、香港の老舗高級飲茶店である陸羽茶室が。この辺りは海老わんたん麺の「沾仔記」などもあり、ローカルフード店が徒歩すぐという優れた立地なのです


◆夜、魅力的なライトアップの店構えを撮影

店舗の内外、古き良き香港の佇まいでとってもレトロ。タイムスリップしたみたいで素敵。旅人の憧れに数えられるのも頷けます。店名の「陸羽」は中国・唐時代の茶人であり文筆家の陸羽にちなんだもの。二階の茶室には彼の銅像が置かれているそうです。見たいわ。

朝7時オープン~夜10時閉店と観光の合間にも立ち寄りやすい比較的長い営業時間です。そして飲茶は朝、お茶を頂きながら食べるのが本場流。常連客らしい方々の予約席もちらほら見え香港の日常が伺えます。


そんな風景を楽しみしつつ、ひとり飲茶にトライ。長年、プライベートや仕事で孤独のグルメしてますから無問題(笑)。むしろ、ひとりでごはんできない人が理解できないです、ハイ。

問題は広東語がまったく理解できない 現在オーダーはメニューにしるしをつける方式と聞いていたので漢字を見ればなんとかなる……と思っていたら、なんと昔ながらの売り子さん方式でした。おかげでまずそれぞれの単価がわかりません。テーブルにそれぞれある注文票にチェックされていきます。

あとから公式HPを見たらメニューが一部掲載されてました。
→ 餐點(メニューを見る)

とはいえ、この光景は風情があり撮影目線ではOKですが、食べたいものが来ないため時間と忍耐が求められます。うー 持ち時間は1時間。タイムリミットがある上、そもそもひとりでは何種も食べられないジレンマの中、何度もまわってくる箱の中を覗いては「いらない」というゼスチャーを繰り返しました。

しかも手持ちぶさたにプーアル茶を飲み当然ポットが空になれば注がれるの繰り返しで、お腹はお茶で膨らむばかり😱

我ながら辛抱強く静観していましたが時間の流れは止められません💦 そこでまずは1品目、蝦仁鮮荷飯(蓮の葉で包んで蒸した蝦入りちまき)に手を伸ばしました。とはいえもち米という重めな一皿を選んでしまってい自ら出鼻挫く有様

2品めはエッグタルト。やたらとデザート系がめぐって来るので仕方がなくメインを飛ばしました。とはいえ3品が限界の腹づもり。だから残り1品は人気の海老蒸餃子かレバー餃子にしたい……と思っていたものの、その願いは一向に叶いません。売り子さんも商品を売りきらないと次に行かないムードを漂わせ、朝一ということで品数をセーブしているようにも見えました。

私の持ち時間(午前9時には次の予定に出発)残り10分というところで淡水鮮蝦餃(おそらくそんな名前の高級海老餃子)登場 プリプリでおいしかった♡ だって1蒸籠80香港ドル(お会計時に判明)と、それなりのお値段

3品とお茶代で247.5香港ドル(3,470円)程。確かに少しお高いですがお客様が帰ると即座にテーブルクロスを変えセッティングするなど、ホテルレストランのようなおもてなし。値段に納得です。売り子のおばさんは不愛想だけど(笑)。次回はぜひ数人でトライしたい

陸羽茶室 Luk Yu Tea House
住所:中環士丹利街24號地下  G/F, 24 Stanley Street, Central 

電話番号:+852 2523 5464
営業時間: 07:00~22:00
定休日:年中無休

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村



関連記事

  1. 今一番食べたいもの! 香港・深水埗名物『公和荳品廠』の豆花(豆腐プリン…

  2. ザ・ペニンシュラ香港で朝食を ザ・ベランダでビュッフェの朝ごはん

  3. 取材の合間に深水埗で食べ歩き! ツルっとプルン、胡麻香る合益泰小食の名…

  4. ワンコの尻尾の麺? コクうまスープでまた食べたい 深水埗 十八座狗…

  5. おみくじ的中! 香港・嗇色園黃大仙祠に参拝

  6. 香港土産 レトロで素敵 万能『RICQLES 法国双飛人葯水』

  7. 深水埗でまさに食い倒れ!? 台湾と香港の違いも体験 維記咖啡粉麵の牛…

  8. 茶餐廳「翠華餐廳」でパイナップルパンとクリスピーパン

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. アイテム

    おうちご飯はアナオリカーボンポット OVALにお…
  2. できごと

    54カラット 私の旅「ピリオドではなく、ひと休み…
  3. ホテル

    ちょっとの手間とコツで、ホテルの味 オークラ特製…
  4. できごと

    コロナ禍に「普通の毎日じゃダメですか?」
  5. できごと

    2020年、今年の桜
  6. ジェーンアイルデール

    ひと足早く、春咲きメイク 2020年春の新色コレ…
  7. ホテル

    2019年春 やっぱり日本のホテルっていいねの巻…
  8. できごと

    2020年は「楽しく、元気に、自由自在」
  9. できごと

    令和最初のお正月 あけましておめでとうございます…
  10. アイテム

    私の定番 SAVE MY BAG TROPEZI…

カテゴリー

おススメの記事

  1. フィリピン

  2. ホテル

  3. タイ

  4. 香港

  5. 泉美 咲月の死ぬまでに拝みたい世界の巨大神仏像めぐり

Copyrighted Image