2年


紅く燃える森。花々を舞う蝶。今日で2年。彼女が舞台を降板したという知らせを受けたあの秋見た、この天上の花はとても切なく、哀しい色でした。

9月24日、川島なお美さんの命日。念願の日高市巾着田の曼珠沙華を見に出かけました。なお美さんの話しをしていると、いつものように蝶が飛び、姿を現してくれるのです。

最初の1年はなお美さんがいなくなったことに慣れず、亡くなったことを認める心が壊れてしまいそうになりました。お仕事をご一緒し、共に旅したことを思い返しつつ、もっと彼女の期待に応えてあげたかった。もっともっとやさしくしてあげたかったと後悔ばかりを繰り返しました。

2011年 パリ『ル・ブール・ノワゼット』にて。撮影させて頂いた中でもリラックスしたなお美さんの表情のこの写真が気に入ってます

そして、そこからまた1年は、いないことに慣れていった1年でした。

時間はやはり薬です。悲しみは少しずつ和らぎ、いつのまにか御守のような存在に変えてくれます。悲しみよりも懐かしさが強くなったとき、やっとサヨナラができる気がします。

関連記事

  1. プーミポン・アドゥンヤデート前国王のドークマイジャン作り セントラルプ…

  2. お休みの日はパワースポットめぐり 坂戸・聖天宮~川越散策

  3. 2017年 大洗磯前神社 神磯の鳥居に昇る絶景の初日の出

  4. VITAFUL ビタフルはダイエットに使えるのかしら?

  5. 大平山、謙信平 名残りの紅葉

  6. 麗しのタイ土産 バンヤンツリー・ギャラリーのお香 by Banyan …

  7. Every Night 二見興玉神社の縁結び守り

  8. 健斗君、四歳

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)